夏が来る!「子どもと紫外線」勉強会

みなさん、

こんにちは。
ひどい大雨が続きましたが、皆さまご無事でしたか?
糸島でも小さながけ崩れが起きたりしているようです。
台風も近づいていますし、引き続きお気をつけてお過ごしくださいね。

子どもがいらっしゃる方は特に早めの「もしも」行動でいきましょうね。
避難するほどかな?と思ったりしますが、
何もなくても練習にはなりますから。


さて、
大雨が過ぎ去ると猛暑がやってくるとの予報もありますね。
いよいよ今年も暑い夏がやってきます。

夏になると、気になるのは紫外線!
お母さんは日焼け止め、サングラス、日傘でばっちりカバーしていても
子どもはお日様の下こんがりと焼けて遊んでる方も多いのでは。

実は、紫外線は美容の面だけでなく、
子どももしっかり気をつけた方がよさそうなんです…!

IMG_0065-2.jpg


みつばちおうちえんも自然の中で過ごすことを大切にしていますので
子どもたちが日焼けするのはどうしても避けられない…

と思っていましたが、

このままでいいのかな?
という疑問もずっと心の片隅にありました。

こんがり焼けた子どもが健康的?
子どもに帽子をかぶるよう言ってるけど、どのくらい大切なんだろう?
子どもに日焼け止めとかサングラス、そこまでいるのかな?

などなーんとなく疑問のまま、子どもを外に出していませんか?

どうやら私たちママ世代とは時代が変わっているようです。
紫外線を浴びることはダメージがとても大きいことが分かってきているし、
(何事もそうですが)成長している子どもの方がその影響が大きい。

子どものうちに、紫外線対策をしっかりしてあげることは、
その後の人生の健康を守る上でとても重要なことだそうです!


とはいえ、帽子をかぶせて、夏でも長袖着せて…
そんなこと、うちの子がすんなり聞くとは思えない…というママも多いのでは。

今回お話を伺う株式会社ピーカブーの松成さんは、
もともとご自身のお子さんのために紫外線対策ウェアを必要としていたことから
商品開発、起業されたママさん。

徹底的に素材にこだわり、使う人の意見もたくさん取り入れ、
ママと子どもの気持ちにしっかり寄り添ってくださっています。

IMG_0316.jpg

まずは、知ることからはじめましょう。
そのうえで、自分には何ができるのか、どうやったらできるのかを、
一緒にわいわい考えられたらいいなと思います。

子どもの健康を守りながら、
糸島の美しい自然の中でたっぷり遊んでもらいましょう♪
ぜひ、お友だちとお誘い合わせの上、お越しくださいね!!


-------------------------★転送大歓迎★----------------------

「子どもと紫外線」勉強会

日時  7月16日(月・祝) 13:00~15:00
場所  健康福祉センターふれあい 健診研修室
参加費 1,500円(小学生無料、最初の30分だけでも一緒に聞きませんか?)

講師  株式会社ピーカブー(紫外線対策帽子・ウェア「エポカル」メーカー)
    代表取締役 松成紀公子さん

託児  ひとり700円(2歳~6歳)※要予約、定員15名

内容  ・紫外線の基礎知識
    ・子どもへの影響
    ・紫外線対策ウェア・帽子の選び方
    ・UVクリームの塗り方
    ・紫外線対策先進国オーストラリアの子どもたちの様子(動画)など

申し込み・問い合わせ
みつばちおうちえん 代表大松くみこ
090-6004-7038
38nagaya☆gmail.com(☆を@に変えて送信してください)




この記事へのコメント